« 乗ってしまった船・・・うどんツアーの後始末2 | トップページ | ジロス・タル »

2008年8月19日 (火)

地元情報・・・うどんツアーの後始末3ファイナル

「8月いっぱいはうどんは食べない」と思っていましたが・・・。

“さぬき”を看板に掲げるうどん屋が宮崎にオープンしたと聞いて,さっそく・・・。

うどん屋の名前は“麺ごころ にし平” 宮崎市高千穂通りにあります。

ご主人は讃岐で修行をされたそうです。宮崎のうどん店では初めてだと思うのですが,麺には香川のブランド小麦粉“さぬきの夢2000”が使われています。そのせいか,麺は“さぬきの夢2000”特有のつやつや感があります。

さらにメニューも充実。生醤油うどんあり,竹輪天,半熟卵天・・・etc

ご主人の讃岐への強いこだわりが感じられます。

ということで,じろすけ宮崎うどんランキング3位に認定いたします(笑)。

惜しむらくは・・・

讃岐への思いが強いがために,メニューが拡散してしまっていること・・・。讃岐うどんの雰囲気を楽しむにはすばらしいと思うのですが,「あれも・・・これも・・・」といった感じなので・・・。

しかし,このお店応援します。

と,「お前何様だよっ!」と自ら突っ込みたくなる書きっぷり・・・。

そんな私ですが,「あれも・・・これも・・・」といった感じの音源です。

“エレアコのソロ”,“アルペジオ”,“泣き”,“ジャズっぽいソロ”・・・・どれも中途半端感・・・。でも,限界が来たのでファイナルです。

ちなみにギターはエレアコとカスタムです。

【Spanish Guitar ファイル】

次は炸裂系いこうかなぁ・・・。

追記

せっかく“地元情報”なので,宮崎の名所をアップしておきます。ガイドブックには絶対載っていない場所ですが,宮崎人なら誰でも知っています。

超高速“あさり すっぽん” 

店の名前は私も今日知りました。“新富魚貝”というのですね・・・。でも,宮崎人なら「あさり すっぽん」で通じる有名店です。

私が物心ついた時には回っていました・・・30年以上このスピードで・・・。

|

« 乗ってしまった船・・・うどんツアーの後始末2 | トップページ | ジロス・タル »

コメント

じろすけさん,こんばんは。

じろすけさん。
音源。
“切なさの漂う”いい音源に仕上がってますよ。
ピッキングのタッチがとても優しく繊細で,すごくいいです。
引き込まれて聴き入っております。

ところで,この“あさり すっぽん”の回転看板。
車で通り過ぎたら読み取れないのでは?
回転,速すぎですhappy01

投稿: ひまわり | 2008年8月19日 (火) 19時18分

じろすけさん!

お盆も過ぎ、
空気もちょっと秋っぽくなってきた頃でしょうか?
(う~ん、蒸し暑いけど…)
(日差しも強いし・・・)
やっぱりまだまだ暑いです!(結論!)

さてさて、Spanish Guitarファイル、
ステキですよ~☆
2回も聴いちゃいました!

じろすけさん!

最近・・・もしかしたら・・・

何かとっても切ない胸キュン体験がおありだったんじゃないですか~?
 
  ♪~(>。∂) ヒューヒューしゃのん♪


あ、超高速“あさり すっぽん”(笑)
説明読んで、見てみたら・・・
あれ?今何があったんだろ・・・
一瞬にして終わってしまった映像!
で、もう1回!

   ハハハ~!大爆笑でしたぁ~っ!~*^▽^*

じろすけさん、よくぞ映像に収めてくださいました!
ホント笑えるぅ~(≧∇≦)
このお店の方、もしかしたら
ちょっぴり挑戦的ぃ~?!(笑)


チンチロリン??? わっかりましぇ~ん☆

投稿: Shannon@Feel Fine | 2008年8月19日 (火) 22時06分

こんばんは,ひまわりさん。

ピッキングほめていただけて感激です。
とても苦労したところなのです・・・。
オリジナルには遠く及びませんが・・・当然ですね。

すごいでしょ。「あさり すっぽん」
「あさり」「すっぽん」と書いてあることを知っているからこそ読めますが,知らないで車で通り過ぎたら読めないはずです。
店の前は,果てしなく続く直線道路なので,車はけっこうスピード出しますし・・・。ただ,まっすぐで交差点もない道路なのに,時々この近辺で事故車を見ます。この看板が原因かも・・・(笑)。

投稿: じろすけ | 2008年8月19日 (火) 22時10分

こんばんは,Shannonさん。

宮崎はまつなっかさりです(笑)。

音源ほめていただいてうれしいです。
2回も聴いていただけるなんて・・・ミスにたくさん気づかれたことかも思います(笑)。

>何かとっても切ない胸キュン体験がおありだったんじゃないですか~?
家庭崩壊させる気ですか!(笑)
強いて言えば・・・さぬきうどんを一年待たねばならなくなったことでしょうか。

今日用事があって,店の前を通ったので携帯で録画してみました。子どものころから見ていた看板ですが,車を降りて見たのは初めてで・・・緊張しました。
店の中ものぞいたのですが,たしかに“あさり”は主力商品の1つでしたが,“すっぽん”は売っていなかったような・・・(笑)。
なぜ,こんなスピードで回しているのか・・・神話の国,宮崎のミステリーの1つです。

チンチロリンは,私もルールはわからないのですが・・・サイコロをどんぶりの中で転がして出た目で争うようです。単純な遊びって意外に盛り上がりますよね。

投稿: じろすけ | 2008年8月19日 (火) 22時24分

なにが中途半端なんでしょう!
エレアコとブラックビューティーの音色に酔ってしまって
まるで「あさり すっぽん」の看板を見続けた時のように
クラクラっときました(^^)

しかしこの看板「探偵ナイトスクープ」のネタになりそうかも?
桂小枝探偵あたりが来て…

投稿: はやちゃん | 2008年8月19日 (火) 22時57分

こんばんは,はやちゃんさん。

う~む・・・
十中八九,小枝探偵の小ネタ集ですよね・・・。
私としては,石田・長原・竹山探偵のいずれかに来ていただきたいのですが・・・。依頼は見送ります(笑)。

音源ほめていただいてありがとうございます。
実は,妻には不評でして・・・。とくにカスタムの音・・・。
歪ませすぎだとのとこで・・・いろいろ試行錯誤しているうちに自分でもわからなくなってきて・・・もっとナチュラルな感じでカリンとした音の方が良かったなと後悔したり・・・
でも,ほめていただけてホッとしました。

投稿: じろすけ | 2008年8月19日 (火) 23時27分

こんばんは。

曲のコメントしようと思ってましたら・・・。
動画に意識全部持っていかれちゃいました(笑)
早ぇ~、早すぎる(笑)

自分的に、今回のエレアコの箇所が凄く印象的です。
どーやったら・・・そー考えてしまうのは次々回の曲でアコギメインになる予定だからです。。。
レスポール・カスタムのこもった甘いトーンも良い感じ。
原曲知らない自分が言うのもアレですが・・・クリーンで弾いてもアコギに合いそうな感じですよね。
ジャズっぽいソロでしたら凄く合いそうな予感。
でも録り直しキツいっすよね(笑)
つーか、予想では次回の曲・・・ガッツリ歪ませてるのでは?
その影響が今回のファイナルに表れてるのでは?(笑)

投稿: 昆布 | 2008年8月19日 (火) 23時43分

こんばんは,昆布さん。

“あさり すっぽん”
次回,宮崎にお越しの際は必ずご案内いたします。
高千穂に行くためには,いやでもこの看板の前を通らねばならないので(笑)。

今回はエレアコに苦労しました。。普段なら何てことないフレーズなのに,アコギだと何でこんなに弾けないものかと・・・。
印象的と言っていただけてうれしいです
昆布さんの次々回も曲楽しみです。

録り直しほど精神的にきついものはないですよね。
録り直しを始めると“さっきの方がよかったんじゃないか”スパイラルに陥ってしまいますし・・・。

もう少しクリーンにして録り直してみようかな・・・・

いや・・・次回はガッツリ炸裂系で行きます。
さっそくオケ作成を開始します。

投稿: じろすけ | 2008年8月20日 (水) 00時07分

こんにちは。

ゲイリー・ムーア巨匠の曲ですか。原曲を聴いたことがないんですけど、哀愁たっぷりの曲でとてもいいですね。あの怖い顔で叙情的に弾いているのでしょうか?
スローな曲調に緩急織り交ぜたギターソロは素晴らしい!
一瞬、詰まったような部分がありましたが気のせいでしょうか(笑)
この音源を聴いて思い出したんですが、渡り鳥スティーブ・スティーブンスはフラメンコギターをやっているようです。

投稿: とむとむ | 2008年8月24日 (日) 13時01分

こんにちは、とむとむさん。
外見について私が言うのもなんですが・・・。
ゲイリー・ムーアがショービジネス界で生き残っていると言うことは、ある意味すごいことですよね・・。

>一瞬、詰まったような部分がありましたが気のせいでしょうか(笑)

実は妻から何度も指摘されたところで・・・。「フンッ」と鼻で笑われたこともありました。私としてはムーア同様に“タメ”たつもりなのですが・・・“つっかかり”にしか聞こえないのです・・・coldsweats01 精進します。

フラメンコギターは未知の世界ですね。難しそうです。
私の家の近所にフラメンコ教室があるのですが、毎日、熟女の皆様方で盛況のようです。未知のままでいたい世界です(笑)。

投稿: じろすけ | 2008年8月24日 (日) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗ってしまった船・・・うどんツアーの後始末2 | トップページ | ジロス・タル »