« クライシス…目盛り1 | トップページ | 主張 »

2011年3月 4日 (金)

久々

先週初めより、マイコプラズマ肺炎なる伝染性の病を罹患。
酷い咳です。

伝染性の為、出勤停止。
おかげで、年度末のこの時期に2週間近く寝込んでいます。

ようやく昨日あたりから軽快し、起き上がって過ごすことができるようになりました。
医師からの最終判断をいただいていませんが、来週から職場復帰。
たまりにたまった仕事のことを考えると冷や汗が流れます…

ネガティブに考えていても仕方がないので、ポジティブに…
ポジティブ・シンキングに移行するためには体を動かすことが一番なのですが、そこまでは回復しておらず…。
やむをえずギターを弾いてみました(笑)

「MEMORIES」を弾きたいところですが、ちょっとそこまでは無理…
ということで、ジョン・ノーラム本人が
「世界で一番卑怯な手段で作曲された曲」
と罵倒する名曲(笑)
【CARRIE】のソロを弾いてみました。

http://dl.dropbox.com/u/930226/carrie%20cn.mp3
【CARRIE ギターソロ】

出来はともかく、久しぶりにギターを弾いて充実感を味わっていたところ…
母から電話。
覚悟はしていたのですが…
祖母大往生。
享年105歳。

病気や事故で亡くなったわけではなく、家族に看取られながら老衰で亡くなった祖母。
まさに大往生。
葬儀は葬儀場の関係で、月曜日。

えっ月曜日?
職場復帰しなければならないのに…
仕事はどうすんだ?

考えていてもしようがないですね。
ここは客観的にならずにいこうと思います。

|

« クライシス…目盛り1 | トップページ | 主張 »

コメント

マイコプラズマ肺炎とは大変したね。
咽頭炎や気管支炎などもおこすかもしれないらしいですが
そちらの方は大丈夫ですか?
全快まではかかられそうなので、十分にお気をつけください、
仕事が溜まっておられるようですがあまり無理せずに。
また奥様にもうつらないようにもお気を付けを。
またご祖母様は家族の皆様に見守られながら旅に出られて
とても安らかだったんだろうと思います、
心よりご冥福をお祈りいたします。

>>世界で一番卑怯な手段で作曲された曲
これはどういった意味なんでしょか?
全く想像もつきません(@_@)

しかし、じろすけさんが色々と辛い状況だと思いながら
聴いているからなのでしょうか、このソロのメロディも
ギターのサウンドにも悲しみが感じられます。
そしてその逆で、とても大好きな音であります。

投稿: はやちゃん | 2011年3月 5日 (土) 22時24分

こんばんは、はやちゃんさん。

えらい目に会いました(笑)
風邪だと思っていたら、変な病名がついてしまって…
職場からは大顰蹙です(笑)
気管支はなんとか無事でした。
咽頭は手術で取り去っているので大丈夫だったものの、鼻のアデノイドは真っ赤に炎症していました。
本日医師からGOサインをいただきましたので、職場復帰できそうです。

それから、妻には見事に伝染いたしました(笑)
処置が早かったおかげで肺炎まで至らずに済んだので、3日の出勤停止で済みました。
ただ、時々二人とも猛烈に咳込みますので、見事なハーモーニーを奏でております(笑)

祖母は大往生でした。
ろうそくが消え入るように静かに息を引き取ったようです。
まねしようと思ってもなかなかできない死に方だと思います。
不謹慎とと思われるかもしれませんが、天晴れだと思っています。

>このソロのメロディもギターのサウンドにも悲しみが感じられます。

ありがとうございます。
しかし誤解です(笑)
“焦燥”を感じながら弾いた次第で…

>>世界で一番卑怯な手段で作曲された曲

ジョン・ノーラムとしてはこんなアレンジで曲が仕上がるとは思っていなかったようです。
自分が弾いたギターパートは大幅にカットされたり、キーボードに差しかえられたり…
ハードロックギタリストとしては耐えられなかったのだろうと思います。
それで、大ブレイク中だったにもかかわらずヨーロッパから脱退した次第。
ジョン・ノーラムのこういう不器用な生き方に好感を持っているのです。


投稿: じろすけ | 2011年3月 5日 (土) 23時36分

大変でしたね・・・マイコプラズマ。
私もこれから黄砂にやられる時期ですので憂鬱です。
花粉も今年は多いようですからお気をつけ下さい。

105歳とはすごいです。
高齢化時代とはいえ、100歳を超える方に私はお会いしたことがございません。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: bluesky | 2011年3月 6日 (日) 19時50分

な、なんと大変な!
ほんとに大丈夫ですか?とにかく、隙さえあれば、休養し、お疲れをためないようにしてくださいね。
おふたりとも、完全に治してください。

私のひいおじいちゃんも101歳まで生きました。そのときは横浜で1番長生きな人でしたが、今は100歳以上の人も多くなりました。
安らかに旅立てられたのですね。ご冥福をお祈りいたします。

じろすけさんのギター、グッと訴えてくる感じです。
この続きは、お体が完全に回復してからで

投稿: MIKI | 2011年3月 7日 (月) 00時49分

こんにちは、blueskyさん。

マイコプラズマ大変でした。
が…現在は、マイコプラズマがどうこう言っていられない状況になりました…。

105歳の祖母も見たこともないような地震…
しかし、祖母は祖母でもっと悲惨な状況を見てきたのでしょうし…
現在生あるものとしては…
粛々と強く進んでいかなくてはいけないと思うのですが…

投稿: じろすけ | 2011年3月20日 (日) 11時23分

こんにちは、MIKIさん。

いつからこんなに虚弱になってしまったのだろうと、我ながら驚いています。
昔から虚弱ではあったのですが、あまりにひどい…

人生いろいろなことがある中で、100年を超えて生きることができるというのはすごいことだと思います。
ですから、寂しくはありますが、悲しくはありません。

皆が天寿を全うできるような社会を構築するために、本当にちっぽけな力ですががんばらねばと思っています。

投稿: じろすけ | 2011年3月20日 (日) 11時32分

この記事へのコメントは終了しました。

« クライシス…目盛り1 | トップページ | 主張 »