« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

似た者同士

「じろすけ君は私に恨みでもあるとね」

中三の冬、数学の女性の先生から言われた言葉です。

別に先生には、恨みはありませんでした。ただただ数学が苦手で嫌いなだけでした。

結果として、宿題をしなかったり、ペナルティーから逃げ回ったりさらなる結果として、テストの結果が悪い。

ただし、他の強化はそれほど悪いわけではない。

数学の先生からすれば、他の教科も数学と同じような成績だと認識していたと思います。中三の冬に受験に向けての判定会があったのでしょう、その際、担任の先生から数学はどうにかならないのかと数学の先生に話があったようでした。結果として私に向けられた言葉が、冒頭の一言になります。

 

今でもそうですが、とにかく数学は苦手です。苦手なことを克服しようと努力をしたのですが苦手なものは苦手です。しかし、得意不得意に非常に偏りの大きい自分がけっこう好きだったりします。

 

とは言え、数学が得意だったらと思う事はしばしば。今回の曲もそうなのです。

今回の曲は、10年前にチャレンジした曲でもあるのですが。今ならもう少し上手く弾けるのではないかなと思い、大好きな曲なので再チャレンジ。

10年前、ヤングギターのギター譜しかない状態でオケを作り、必死に録音したこの曲なので思い入れも強いのです。

 

10年前は、音の数を無理矢理1小節の中に詰め込むことだけに集中して細切れに録音したのですが、さすがに10年後の今もう少し本物のニュアンスに近づけたいなと

10年前は、オリジナルの楽曲に合わせて弾く事は無理だったので気付かなかったのですが。楽曲に合わせて弾いてみると、オリジナルの楽曲のチューニングが変。どうやらクォーターチューニングで作られている。しかも、上のクォーターチューニング

どうやれば、正確にクォーターチューニングができるのか。考えたこともなかったのですが

そうか、チューナーの周波数を変えれば良いのではないかとの結論。ではチューナーの周波数をどのように設定すればクォーターチューニングになるのか

 

まず考えたこと。

 

A=440の場合1オクターブ上はA=880となる。

半音階は12音階なので、そしてクォーターチューニングはさらにその半分なので…

(880-440)÷12÷2440で周波数が出るはず。頭いいオレ。

ということで、解答は458Hz

 

さっそく、チューナーの周波数を変えましょうと愛用のコルグDT-10をいじろうとしたら…

なんということでしょう・・・445Hzまでしか変えられない…。

どうしたものかと、PODxtのチューナーで試したら、455Hzまで・・・

3Hzぐらいいいかと、取りあえず455Hzに設定。

そうしたら…明らかにチューニングが高い。

自分の耳を頼りに周波数をいじってみたら453Hzがばっちり。

 

さて、どういう計算をすれば453Hzになるのか…

たまたま、そうだったのか…

こうなってくるとこだわりの強い私。
ネットで調べてみました。
すると、最近は440Hzよりも音抜けの良い442Hzでチューニングすることが一般的であるとのこと。知らんかった…。
ならば…

(884-442)÷12÷2442の公式になり、460Hzになる。

もっとダメな解答の出来上がり。

 

そんな時見つけたのが…

この方のホームページ

音階には公式があって…

引用させていただくと…

 

Photo_2

 

 

はい、理解不能・・・
ただし、一覧表によると、A440Hzの場合、A♯=466.164Hzなので、クォーターチューニングは・・・

(466.164-440)÷2440ということになるのではないか…。
そうすると…

453.082Hz

なるほどこれだ!

かなり感動。

ということで、さっそくJ-CUSTOM453Hzにしたのですが…
アームユニットの調整が狂って…その調整…。

オクターブチューニングも狂ったので、さらにチューニング…。

調整が終わってさぁ録音と思ったのですが…。
MIDIで作ったオケをどうやったら1/4音階上げられるのか?
ピッチベンド????

運が良いことに、ベースの音源ソフトは1/10音階まで調整が可能だったので、ようやく事なきを得て、録音&録画。

ようやく完成。

とにかく周波数の設定がわかったので、うれしくなって妻に話したら…
「今は疲れている。聞きたくない」とのご返答。
ああ、そうだった・・・妻も私と同じだった。

 

というわけで、JHON NORUM【FACE THE TRUTH】です。
かなり、いっぱいいっぱい…。

技術的にも体力的にも…
ピックがやたらと削れるし…
出来はともかく楽しい曲でした。

 

 

 
ちなみに、ノーマルチューニングで引いたらどんな感じになるのか…。
中3から使っているフライングⅤもどきで弾いてみました。
 
 
うん、大差なし(笑)
わかったことは、Vもどきは音はともかく、フレットが低すぎて弾きにくいということ・・。

| | コメント (2)

2017年2月 5日 (日)

見えてはいけないもの

将来役に立つことがあるかもしれないと思って、ある会議の録音を文字に起こしてみました。
最近は、iosに役立つアプリがたくさんあって・・・。
会議中にアプリで録音しておくと勝手にテキスト化されて、議事録の出来上がり。

たた゜し、今回はこのアプリを使って録音したわけでなく、録音状態も悪かったので・・・苦慮した挙句・・・音に合わせて私がしゃべってみました。
なんということでしょう・・・2時間近くの会議があっという間にテキスト化。

しかし・・・話というものは記憶にとどめておくだけの方がよいですね。
録音を聞いたり、文字に起こしたりすると、見えなかったものが見えてくる。
見えてきてよかったこともありますが、見えないままの方がよかったことの方が多い・・・。

かなり疲れました…。
ギターの方は、病によって弾けなくなる日が将来来るのはわかっているので、できるだけたくさん弾いて記録に残しておきたいと…
そして、去年は出せなかった録コンに大量に出してやろうと思っていたのですが・・・。
今年から、オリジナル作品に限るとのこと…。
う~ん・・・

ということで、YOUTUBE。

MEGADETHの【COUNTDOWN TO EXTINCTION】をアップしてみました。
最初にJ-CUSTOMで・・・

何か少し気に入らなかったからついでにレスポールカスタムバージョン。
ちなみに、歌は私が歌っています(笑)

J-CUSTOMバージョン

レスポールカスタムバージョン

レスポールカスタムバージョンの方は、曲の最初に変な画像効果処理がしてあります。

何故か…

パジャマで撮影するわけにはいかないと思い、大学3年のころに武道館で買ったオジーのTシャツを着て撮影したものの・・・
あまりに小さすぎて・・・
というか、私が大きすぎて・・・

Tシャツがめくりあがり、真っ白いお腹が見えていたのであります。弾き始めに気づいて直したのですが…よく見るともそもそ動いています。

YOUTUBEにアップした後気づき、速攻削除して、アップしなおした次第。
ジャスティン・ビーバーなんかに見られでもしていたら大変なことになるところでした(笑)

それにしても、マーティ・フリードマンのフレーズは美しい。
日本のバラエティ番組を主戦場にしていてはいけない人物だと思うのですが…。

| | コメント (4)

2017年2月 4日 (土)

懸案事項

J-CUSTOMは大変ユーティリティー性が高く重宝するのですが・・。
レスポールとのスケールの違いにそこそこ苦しみます。
それ以上につらいのは、弦高が高いこと。
レスポールカスタムの弦高は6弦11Fで1.1~2ミリほど。
 
ビレが出るかどうかギリなのですが、とても弾きやすい。
ただ、Jの方は高くはないものの、6弦11Fで1.5ミリほど。
カスタムでは簡単に弾けるフレーズがJでは苦労することも・・・
調整すればよいことだろうけど…
弦の交換にあれだけ手間がかかるJ-CUSTOM・・・。
弦高調整したのち、オクターヴチューニングなんて考えたら、ぞっとします。
弦高がそれなりにあることで、スライドバーも使いやすいし…

とか思っていたのですが…

やってみたら、あらまあ簡単。さすがメイドインジャパン。
すべてがとても合理的。

でさっそく、録音開始。
今回の曲は、サビのシーケンスフレーズが楽しいのですが、ケチャ状態に入ってしまってキメのフレーズをすっ飛ばしてしまう…
DAW画面上にマークを付けてみたのですが、画面見ながら弾くのはどうも…

ということで・・・

ブラマヨの吉田さんが、爆風スランプのランナーをうたってえづくネタがありますが・・
そんな感じでやってみました。


【COWNYDOWN TO EXTENCTION】

2小節ごとにえづくおじさんを想像しながらお聞きください…。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

セーブする?生き返らせる?

とにかく夫婦共々勇者ヨシヒコが大好きで‥
終わってしまったのが残念。
次のシリーズはあるのかな‥

先週、妻がインフルエンザにかかったので、私が台所に立っていたのですが‥、テレビを流しながら台所に立っていると‥番組はクイズやさしいね‥どこかで聞いた声。
あっヨシヒコの神父さんの声だ‥。
鎌倉太郎さんというのだそうでフルに日本人らしいのですが‥

で、手を止めてテレビを見ると神父さんにあらず‥
マーティー・フリードマンさんでした。
ということで、マーティー・フリードマンの曲が弾きたくなって‥
ということで、メガデスの【countdown to extenction】
今回は音源です。もっと練度が上がれば動画を撮ろうかと思います。

 
それにしてもトランプさん。
アメリカから世界の破滅が始まるのか?

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »